1分でわかる円安と円高の仕組み

FXを始めとした外国為替取引では為替相場が最重要な要素となります。為替相場は様々な条件により毎秒24時間絶えず変動しています。変動を繰り返す中で通貨は高くなったり安くなったりします。

このタイミングを見計らって売買するのがFXなわけですが、日本で生活している以上切っても切り離せないのが日本円。そして、外貨の価値を判断する際に最も用いられるのも日本では日本円となります。

FXでは外貨同士の取り引きも可能です。この組み合わせを「通貨ペア」と言いますが、初心者の多くは日本円と外貨のペアを選ぶ方が多いようです。まずはFXの取り引き自体に慣れてから、という考えだったり、慣れた日本円の方がわかりやすいからなど理由は様々です。

日本円を含んだ通貨ペアで、特に日本円を中心に相対的に安い高いを判断する際、『円安』『円高』という言葉を使います。これはそのまま円が安い、高いの意味になるのですが、数字で見ると少し混乱するかもしれません。

例を出すと、1ドル100円が1ドル90円になりました。これは円安・円高のどちらでしょう。数字を見てみると、100円が90円になったのだから『円安』と思いますね。答えは『円高』です。

『円安』とは円の価値が「低い」こと。
『円高』とは円の価値が「高い」こと。

これは物々交換に例えるとわかりやすいです。缶ジュース(ドル)が今日は豆(日本円)100個分と同じ価値です。翌日、は90個分で交換できました。最初の日より豆の価値が上がったため少ない数で交換できたのです。これが『円高』の仕組みです。逆に『円安』は豆の価値が下がってしまうため、より多くの数が必要になるということです。

円安・円高という場合、米ドルとのペアであれば必ず「円安ドル高」「円高ドル安」とセットになっています。それぞれの通貨でも相対的に高い安いが出てきます。このように円安・円高が発生するのは政治的なものを始め、自然災害、戦争・紛争、景気など様々な要因があります。

為替相場の値動きは投資家たちの売買の心理も影響するため、非常にシビアな変動を見せます。この変動こそがFX投資の醍醐味であるし、難しいところとも言えます。また、単純には円高で購入し、円安で売った方が儲けが出やすいわけですが、手法によっては逆のケースでも利益が出せるものまた魅力のひとつです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング