通貨ペアとは

FXは通貨と通貨の交換取引で利益を得るものですから、通貨と通貨の組み合わせである『通貨ペア』は重要な要素となります。

日本国内の業者では、米ドル、英ポンド、加ドル、豪ドル、ユーロ、スイス・フラン、ニュージランド・ドル、日本円などを取り扱っているところが多いでしょう。ほかにもありますが、日本の業者では扱っていない通貨もあったりしますので、業者を選ぶ際には『通貨ペア』の取り扱い数もポイントとなってきます。

通常『通貨ペア』の表示では「米ドル/日本円」、「ユーロ/米ドル」という感じで通貨と通貨の間を「/(スラッシュ)」で挟んでいます。これは「/(スラッシュ)」の右の通貨を売って左の通貨を買うという意味です。「米ドル/日本円」の場合は「円を売って、米ドルを買う」という意味合いになります。

『通貨ペア』の選択もまた非常に重要です。組み合わせによっては変動幅の大きいもの、値動きが安定しているペアなど様々です。投資スタイルによって向き不向きのペアも出てくることでしょう。

例えばスワップ金利目的で長期保有であれば激しい値動きをするペアは向いていません。逆に短期保有なのに安定性が高いと確かに損はしにくくなりますが、儲けも大きくなることは期待できません。

このように『通貨ペア』もまたFXにはとても重要な要素のため、じっくりと検討して選択していくべきでしょう。
そんな中ではFX初心者が選ぶべき『通貨ペア』はやはり「米ドル/日本円」になるでしょう。

この組み合わせは比較的親しみやすいし、毎日ニュースなどで相場や様々な情報が流れますから状況を把握しやすく、初心者にも向いています。初心者の中で少し冒険をしたい方は各国通貨に日本円を絡めてさえいれば、概ね問題はないのではないかと思います。「英ポンド/日本円」、「ユーロ/日本円」などです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング