店頭取引と取引所取引という2つの取引方式

FXは、簡単に言うと、外国の通貨を売買することをいいます。このFXでの外国通貨の売買方式には、2つのパターンがあります。それが、相対取引(あいたいとりひき)と取引所取引です。

相対取引というのは、市場を介さず、当事者間で外国通貨の売買取引を行う方式を意味します。FXにおける相対取引は、FX業者のとの外国通貨の売買の事を意味すると考えてよいでしょう。つまり、相対取引の方式では、FX業者が提示する価格で、外国の通貨の売買取引をすることになります。

FX業者の提示する価格でしか外国通貨の取引ができないのであれば、儲かるような取引なんてできないのではないか、とおもわれる方もいるかも知れませんが、相対取引の方式のFX業者の提示金額は、為替相場と連動するものとなっていますので、為替相場の上がり下がりを予測することができれば、十分利益を出すことができます。

対して、取引所取引というのは、その名のとおり、公認の取引所で外国の通貨を売買する方式のことをいいます。ですから、FX業者は、取引所との間の取次をしているだけということになります。

そういう意味では、FX業者自体が取引金額を決めるということがなく、公認の取引所で取引金額が決まることになるので、相対取引よりも取引所取引の方式による方が、公正な取引が期待できるという人もいるようです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング