レバレッジとは

FXは「証拠金」が口座にあれば、その金額の数倍から数百倍もの金額の取り引きができます。この倍率を『レバレッジ』といい、「レバレッジを利かす」とか「レバレッジ○○倍かける」という言い方をします。

『レバレッジ』を利かせると得られる利益も大きくなります。例えば1万円を「証拠金」として口座に入金すれば100万円分の取引もできるわけです。1ドル100円のときに1万円分のドルということはたったの100ドルです。ドルが105円になったとした場合、ドルあたり5円の利益ですから儲けは500円です。これが100万円分であれば買うことができるドルの総額が1万ドルですので、同様にドルが105円になれば、5万円の儲けになるわけです。

『レバレッジ』を利かせることでこんなにも儲けに差が出てきます。株やそのほかの投資ではここまで高い倍率の『レバレッジ』を利かせることはできないので、FXは少ない資金で大きな利益を出すには非常に都合のいい取り引きと言えます。

ただし、『レバレッジ』の倍率を高くすればするほど、損失が出た際の金額もまた大きくなります。先ほどの差益の説明と同じ条件の場合、1ドル100円を1万円分の100ドルを買います。これがドル95円になってしました。

この場合ドルあたりの損が5円ですから、合計で500円の損失で済んでいます。そして『レバレッジ』が100倍であった場合、保有できるドルは1万ドルです。1ドルが95円という円高になった場合、損益は5万円になってしまいます。『レバレッジ』を100倍にした場合は損も100倍になってしまっています。

ですので、『レバレッジ』は万が一の損も拡大しますので、その点を考慮して倍率を決めていくべきでしょう。上記の損益のケースの説明ですが、実際には起こりません。

というのは、損が5万円ですが、証拠金は1万円しかないのですから、実際にはドルが99円になるずっと以前に証拠金不足の警告である「マージンコール」、99円直前に強制決済の「ロスカット」が執行されます。

つまり、『レバレッジ』が高ければ高いほど、ほんの少しの変動で強制決済などが執行される可能性があるということになります。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング