ロスカットとは

FXの取引業者各社は顧客が証拠金以上の損失を出さないようにするために様々なルールを設定しています。そうすることで、損失が出た場合でも最大で証拠金全額程度で済むようになりました。そのルールのひとつが『ロスカット』です。

『ロスカット』とは、損益が大きくなり過ぎた場合に執行される強制決済のことです。FXには、株式ように値幅制限の「ストップ高」や「ストップ安」といった仕組みがありません。レバレッジを高くかけられることで損失も大きくなってしまう可能性がありました。証拠金が全額なくなってしまうばかりか、負債が発生してしまうことも多かったのです。これらのリスク回避でできたのが『ロスカット』なのです。

FXではレバレッジという証拠金の数倍から数百倍もの倍率をかけて大きな取り引きをして、利益も大きくできます。レバレッジを利かせると利益も増えますが、損益も大きく膨れ上がります。ですので、預けていた証拠金以上の金額を一気に失うこともあり、現在では各業者がそれぞれ設定したルールに達した段階でマージンコールという警告を発します。

マージンコールで投資家は自主的にそのポジションのすべてを決済するか、証拠金維持率を上げる行動を取らなければいけないのですが、強制力のない警告になにもしないでいると、損失が証拠金を上回ってしまうため『ロスカット』という強制決済が執行され、その取り引きは終わってしまいます。

『ロスカット』は各業者で執行のレベルは違いますが、概ね証拠金維持率が20〜30%になった際に執行されます。
『ロスカット』は為替相場が対応できないほどの急激な変化を見せた場合には若干遅れる場合があり、そのような際には投資家は証拠金以上の損失を被り、資産がマイナスになることもあるので注意が必要です。

とにかく『ロスカット』は証拠金のほとんどを失う強制決済ですから、なるべく証拠金に余裕のある取り引きをして、レバレッジの設定も高くしすぎないようにした方がいいでしょう。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング