証拠金とは

FXは日本語で「外国為替証拠金取引」といいます。『証拠金』を口座に維持している間は、その金額の数倍から数百倍もの金額の取り引きができるのです。この倍率を「レバレッジ」といいます。

『証拠金』は各FX業者で最低金額が決まっています。1000通貨単位や1万通貨単位、10万通貨単位と様々です。この『証拠金』を担保にして「レバレッジ」をかけることで大きな利益を得ることができるのです。つまり、100万円の取り引きをしたい場合でも極端に言えば1万円で取り引きが始められるということなのです。

FX取引をするにはこの『証拠金』についてしっかりと理解しておく必要があります。ここがわかっていないと、損失が出るような相場の動きがあった際に対処ができず、強制決済の「ロスカット」が執行されてしまうこともあるからです。

『証拠金』を理解するについて、『証拠金維持率』も理解しておきましょう。これは実際の取引金額に対しての証拠金残高の割合を示すものです。例えば1ドル100円のときに1万ドルを買ったとします。その際の100万円が必要ですが、「レバレッジ」を10倍かければ『証拠金』は10万円です。しばらくしてドルが95円になりました。

すると保有する資産は95万円です。5万円の損失が出ています。用意している『証拠金』は10万円でしたから、5万円の損失で残高が5万円、『証拠金維持率』が50%になってしまいました。

通常は50%の段階で「マージンコール」という警告が発せられます。これを受けて、投資家は現在持っているポジションを手放し決済をして損失拡大を防ぐのか、『証拠金』を増資して『証拠金維持率』を上げなければなりません。なにもしないと業者が定める「ロスカット」の執行ポイントに達して強制決済となります。

このようにFXにおける『証拠金』に関する知識は最低限必要なものです。ここを理解していないことはFX取引の根本的な部分をわかっていないということになり、万が一の際に『証拠金』として納めた資金をなくすどころか負債を背負う可能性もあるのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング