FXのリスクをしっかり理解しておこう

投資にリスクはつきものです。逆に言えばリスクのない投資はありえないものです。
FXにおいても当然リスクはあります。ですが、リスクがあるからと言って手を出さない方がいいというわけではありません。FXのリスクをしっかりと理解しておくことで、万が一損失が出そうになった場合でも早急な対応ができ、損益を最小限に食い止めることができるのです。

FXのリスクで最も一般的なものは予想が外れてしまうことです。様々な分析から弾きだした自分の予測とは大幅に違った動きをした場合、損失が発生します。為替相場というのは様々な要因で変動しますので、完璧に予測することはまず不可能と言えますが、予想が完全に外れていたり、突発的な事象で大暴落したりなどで大幅な変動が発生する場合があります。

レバレッジなどをかけていることで損失も拡大し、場合によっては元本が目減りするだけでなく、負債まで背負うことになりかねません。今では「ロスカット」という、元手とレバレッジなどで損失がある一定まで達すると強制決済をするルールがあるので、莫大な借金を背負うなどということは少なくなりましたが、それでもその「ロスカット」がなんらかの理由で執行されなかったり、間に合わないなどでマイナスが発生する可能性もあります。

FXはレバレッジなどを利用すれば少ない資金で大きく利益を出せますが、損失もまた拡大するリスクがあります。

為替相場は需要と供給の影響も大きいです。つまり、投資家が売りたいと思っても買ってくれる人がいなければ取り引きは成立しません。相場が下がり始めて、損失を最小限に食い止めるために保有する外貨を売ろうと思っても買ってくれる人がいなければ損失は拡大するばかりです。素早い状況判断をして、売買を成立させるようにしなければいけません。

金利の変動もリスクがあります。長期保有で「スワップ金利」から利益を得ていても、各国の政策などで金利が変動すると損失が出る場合があります。「スワップ金利」は金利が高い国の通貨を保有していれば毎日その差額が入りますが、逆の場合は支払わなければなりません。ですので、金利が変動し金利を払う立場になってしまったら損をしてしまいます。

また、金利差が様々な取引手数料よりも低くなってしまっても結局損になりますね。常にニュースなどを確認しなければなりません。

それから業者選びもまたリスク回避には重要な案件です。最近はほとんどなくなりましたが、悪質な業者ですと預けた資金を不正に使用したり、経営状況が悪いのを隠して倒産してしまったりなどがあります。預けた資金は保全されているか、正式な許可を得て営業されているかをしっかりと確認しましょう。また、取り引きシステムやサーバーなどの状況や信頼度も重要です。

FXは通常インターネットを通じて売買のオーダーを出すわけですが、システムが不調だとそのオーダーが認識されずに実行せず、せっかくの売買チャンスを逃し、損失を発生させる恐れもあります。

FXの仕組みだけでなく様々なリスクをしっかりと理解し、いざというときの対処法も学ぶべきです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング