豪ドル相場の性質と予想方法

豪ドルというのはオーストラリアの通貨であり、外国為替市場においてはメジャー通貨の1つとして知られているのですが、米ドルやユーロや円などに比べればかなり取引量が少なくなります。取引量が少ないということは、政治的要素など何か大きな問題が起きると為替相場にはかなりの影響を及ぼすことになるので、豪ドルを取り扱う時には十分に注意しなくてはいけないのです。

豪ドルというのは資源国通貨で、コモディティー通貨とも呼ばれることもあるものなのです。コモディティーというのは農産物や鉱物やエネルギー資源などのことを意味していて、特にオーストラリアは鉱物資源やエネルギー資源が豊富な場所なので、豪ドルの為替相場はこのコモディティー価格に大きく作用されることになるのです。したがって豪ドルの取引をする時には、鉱物資源の価格の動向に注意しておかなくてはいけないことになるのです。

その他豪ドルの為替相場に影響する点にはオーストラリアの金利があって、オーストラリア金利は主要先進国の中においては非常に高い金利を維持しているのです。そのために豪ドルを取扱いする人の多くは高金利を目的にしての投資が盛んに行われていて、為替差益を出すというよりは金利狙いで豪ドルを取引する人が非常に多く、日本の投資家の多くの豪ドルに投資しているのです。

その他に豪ドルの為替相場は、オーストラリアの雇用動向や経済収支やインフレ率などに影響されることになるので、豪ドルの為替相場を予想する時には、オーストラリアの情勢をきちんと把握するようにしなければいけないのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング