ユーロ相場の性質と予想方法

世界の基軸通貨である米ドルは、世界の為替市場に最も大きな影響を与えていて、世界でも最も取引量が多い通貨になっています。その米ドルの次に注目されている通貨がユーロなのです。

ユーロの取引量が米ドルに匹敵するほど多くなっていて、ユーロは将来の世界の基軸通貨だと言われているくらいに重要なポジションを占めている通貨になってきているのです。そのためユーロと米ドルの通貨ペアの取引量は最も多くなっていて、ユーロと米ドルの為替レートは連動していることが多く見られているのです。したがってユーロの為替相場を予想する時には、米ドルに十分に注目しておくことが大切で、米ドルの為替相場の動きはもちろん、アメリカの経済の動向にもしっかりと注目しておく必要があるのです。

米ドルというのは取引量が世界一ですが、突然に急落することも特徴になっているために、非常にトレンドが読みにくいという点があります。それに対してユーロの為替相場は比較的単純な動きをする特徴があって、そのためトレンドも見極めやすいのです。

さらにユーロではトレンドが一旦変わると、そのトレンドが続くという傾向にあるので、ユーロの為替相場を予想する時の判断材料にできることになるのですが、アメリカで戦争やテロなどの事件が起きると、米ドルへの不安が一気に高まり、それに対してユーロの人気が高くなるという傾向もよくあることなのです。

もちろんユーロの為替相場を予想する時には、米ドルだけに注目しないで同じヨーロッパ圏の国の動きも見なければいけなくて、さらにユーロはヨーロッパ各国の共通の通貨のために、複数の国の状況を常に見ておかなければいけないということとなっているのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング