米ドル相場の性質と予想方法

米ドルというのは、外国為替市場で取引されている通貨の中で最も重要で大きな部分を占めているもので、米ドルは世界の基軸通貨になっているのです。世界中には数多くの通貨がありますが、世界の基軸通貨である米ドルが、世界の為替相場に大きな影響を与えていることは間違いのない事実なのです。したがって米ドル以外の為替相場を予想する時にも、米ドルの為替相場には十分に注目しておかなければいけないのです。

米ドルの為替相場を予想する時には、アメリカの金融政策や景気動向などが為替相場に大きな影響を与えることになるのですが、特に現在注目されているのがアメリカの雇用統計なのです。特に注目なのが雇用統計の発表の時で、毎月の第一金曜日は外国為替市場の参加者が大挙して参加してお祭り騒ぎになると言われているほどなのです。

なぜこれだけ雇用統計に注目が集まるのかと言えば、アメリカの経済において、GDPの8割が個人消費で占められているからで、そのため雇用情勢がアメリカ経済全体に大きな影響を及ぼすからなのです。この時に注目すべき点は非農業部門雇用数で、この数字が市場の事前予想に対して上回ったかどうかで為替相場に大きく影響してくるのです。数字が市場の事前予想に対して上回るとドル買いになり、下回るとドル売りに動くことになるのです。

このように、現在は雇用統計が米ドルの為替相場を予想する時には最も注目されているものなのですが、注目されるところはその時々で変わっていき、以前は貿易収支が注目を集めていて、それと同時に日本の貿易収支も注目されていたのです。米ドルの為替相場を予想する時には、その時々の注目点をしっかり把握して為替相場を予想するようにしなければいけないのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング