実需要因 -為替相場が変化する要因

為替相場というものはいろいろな要因によって変化するものなのですが、為替相場が変動する1つの要因には通貨の需要によるものもあるのです。

為替レートはその通貨の需要によって決まることになり、当然人気が高ければ上がることになるのです。通貨の需要が高まる時にはいろいろな理由があり、その一つとしては、一般的に投資家が資産運用する時にはより、金利の高い通貨で資産運用をしたいと考えることになるので、当然高金利の通貨の需要が高まることになるのです。

これと同じ理由で、金利の低い通貨というものは人気がなくなるので、需要がなくなるということになるのです。その他には貿易収支が黒字になっている時には、海外で稼いだ外貨を自国の通貨に両替する動きが激しくなり、その結果その国の通貨の需要が非常に高くなることになり、為替相場に大きな影響を与えることになるのです。

その他には、将来国力が強くなりそうな国の通貨の需要は高くなっていく傾向にあり、その他にも政治的な要因で通貨の需要は左右されることが多くなるのです。

例えば現在日本では今までにないくらいの円高が続いていることもあって、輸出企業が大きなダメージを受けていますが、政治的判断でそれを回避するために日本政府が行う円売りドル買いの市場介入するのなどということがそれに当たることになるのです。

このように為替相場というものは、その国の通貨の需要が高まったり低くなったりすることにより変動することになるのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング