ファンダメンタルズ要因 -為替相場が変化する要因

為替相場というものは当たり前のことですが、常に変動しているものなのです。円とドルで為替取引をしている人も多いと思いますが、なぜ円高になるのかということも、なんでドル高になるのかということも、確実にはっきりとした理由というものは分からないことだと思います。

もちろん短期的に何か大きな変化があった時には、円安や円高というように為替の相場は傾くことになるのですが、為替相場を長期的に見た時には、1つの理由だけではなく、様々な要因が重なって相場が変動していくために、なかなか長期的な為替相場の予想は付け難く、さらに短期的な為替の変動は突発的なことでも変化するので、ますます予想が付け難いということになっているのです。

為替相場が変動する要因にはファンダメンタルズ要因という、経済の基礎的諸条件ということがあって、為替相場に影響を与えるファンダメンタルズ要因としては、世界の基軸通貨である米ドルを通過にしているアメリカのいろいろな経済指数があるのです。

アメリカの経済指数で主なものには、GDPと呼ばれる経済成長率や貿易収支などがあって、その他にも雇用統計として失業率も大きな為替相場を動かす要因になり、もちろん金利政策もかなり大きな要因になってしまうのです。これらの経済指標が発表される時には、大方の予想に反して指標の数値がかけ離れていることにより、為替相場は短期的にはかなりの変動することになってしまうのです。

したがってミクロ的な視野とマクロ的な視野をバランスよく為替相場を見ていくことが大切なことで、そうすることにより為替取引で大きな利益を得られることにつながることになるのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング