経済成長率・雇用統計 -為替相場が変化する要因

為替相場が変化する要因として、経済成長率や雇用統計は大きく関連するのです。また経済成長率と雇用統計も直接関連しているのです。

経済成長率とは、一般的にはその国のGDP、すなわち国内総生産の対前年同期比伸びを指します。GDPとは国内で一定期間に生み出された物やサービスの合計金額のことであり、GDPの金額がどのくらい上昇したか、どのくらい下落したかを経済成長率と言って、経済成長率が高ければその国の勢いは良いということになるのです。

経済率が高いと、その国に勢いがあるということになるので、経済成長率の高い国の通貨が買いということになり、為替相場に変化を与えることになるのです。例えば日本とアメリカを比較して、日本の経済成長率の方が高ければ、日本円が買われて米ドルが売られることになり、為替相場が円高・ドル安の傾向に進むことが予想されることになるのです。

このように経済成長率があがると為替相場に変化を与えますが、経済成長率があがることは、その国には現在ビジネスチャンスがあるということになり、株価の上昇も期待されることになり、株価の上昇も為替相場に変化を与えるので、経済成長率は為替相場においてかなりの影響を与えることになるのです。

さらに経済成長率は雇用統計にも大きく関わっていて、特に世界の基軸通貨である米ドルに影響を与えるのが雇用統計の発表時で、アメリカの経済はGDP全体のうちの8割が個人消費で占められているために、雇用情勢が景気全体に大きな影響を与えることになり、為替相場にも大きな変化を与えることになるのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング