為替介入 -為替相場が変化する要因

為替相場が変化する要因には、為替介入が原因になる場合もあるのです。為替介入というのは、その国の通貨が高すぎになったり反対に安すぎになったりした時に、為替相場が行き過ぎて、自国の通貨の価値を守るために基本行われることで、為替介入は正式には外国為替平衡操作と呼ばれるものなのです。

為替介入の仕方はいろいろあって、ほとんどは自国のみで行われるものなのですが、場合によっては複数の国の通貨当局が協議して、同時か継続的に行うこともあるのです。

その他にも為替介入には口先介入というものがあって、例えば日本の総理大臣が為替介入を臭わすことを発言することにより、実際に為替相場には大きな影響を与えることになるので、口先介入は何も使わずに口だけで為替相場を動かすことができるものとなっているのです。

しかし日本での口先介入は長くは効果はなく、あくまでも短期的なことが多いのが特徴なのです。しかし外国の要人の発言によっては十分なほどに相場が動くこともあり、特にアメリカの大統領の発言などでは世界の為替相場に大きな影響を与えることになる場合もあるのです。

急激な為替相場の変化は多くの企業の経営に良い影響を与えることもありますが、悪影響を受ける企業が出てくることになり、日本を例にすれば、現在の極端な円高のせいで、多くの輸出業者にかなりの悪影響を与えているのです。

このような急激なドル安円高の時には、円売りドル買いをして、反対に円安の場合には円を買ってドル売りを行うことで、為替相場の変化を小さくすることが可能になるのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング