政治要因 -為替相場が変化する要因

為替相場が変化する要因にはいろいろなものがありますが、政治要因により為替相場に大きな影響を与えてしまうことも、今までの歴史の中には数多く見られてきたのです。

政治要因による為替相場の変動には戦争や政変や天災という予期せぬ出来事も含まれていて、その他にも政治家の発言により為替相場に大きな影響を与えてしまうこともあるのです。特に世界の基軸通貨である米ドルは、世界の為替相場に大きな影響を与えることになるので、アメリカ大統領などの政治家の発言は多くの人が注目しているところなのです。

このように戦争や政変などの有事の際には、その国の為替相場は大きく変動することになるのです。さらに最近では戦争ばかりではなくテロも世界中で大きな問題となっていて、世界中でテロ事件が起きている状況にあり、テロは天災のように特に予想できないもので、テロが起こった国の為替相場にはとてつもない大きな影響を及ばしてしまうことになってしまうのです。

特にアメリカの米ドルは、有事のドルと言われているくらいに戦争や天災やテロ事件が起きた時にはかなり大きく為替相場が変動して、たとえ実際に戦争が起きないとしても、大統領や関係する政治家の発言で、米ドルの相場は大きく変動することになってしまうのです。そして米ドルが変動することにより、ユーロや円などにもかなりの大きな影響を与えることになり、その他の通貨にも大小いろいろな影響を与えてしまうことになってしまうのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング