テクニカル要因 -為替相場が変化する要因

為替取引をしている人はよく聞く言葉だと思いますが、テクニカル要因とかテクニカルな売りという言葉はかなり耳にしたことがあると思います。もちろん為替相場をはじめた初心者には何のことか分からないといいう人も多いと思います。

テクニカル要因とは、特に何か為替相場に影響を及ぼす材料はないのに、テクニカル分析上の売買ポイントで注文を入れる状況のことで、テクニカル売りとはテクニカル分析に基づいたポイントで売ることをいうのです。

テクニカル要因が起きる理由としては、通常為替相場に大きな影響を与えるものと言えばファンダメンタルズと呼ばれる経済の基礎的条件であり、これは金利の動向や経済成長率やインフレや財政収支や政治情勢などが主なファンダメンタルズの要因になるのですが、このファンダメンタルズというのはそう簡単に毎日のように変化をするものではないのです。

通常経済指標の発表などがない限りは、テクニカル分析に基づいた取引をしている人達が市場をリードすることになり、その人達がテクニカル分析上の売買ポイントで売買を行って、これがテクニカル要因ということになるのです。さらに一般的に銀行ディーラーなどはあまり相場感を持たないで為替取引を行うことが多く、市場の動向を観察してトレンドの出そうな動きを追うようにするのです。

そうすることにより為替相場の動きを加速させることになり、多くの為替取引をしている市場参加者がテクニカル上の売買ポイントに注目していることにより、テクニカル要因主導というようになるというわけなのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング