FXの思い出

私は以前に投資の一貫としてFXをやっていたことがあります。投資のことを調べてどんな種類があるのか一通りやってみたいと思っていた頃に手を出しました。始めたのはリーマンショクの半年ほど前だったかと思います。

特別に経済に詳しいわけではなかったのですが、あまりバラエティ番組はみないので、テレビはニュースをつけていることが多いですね。詳しくないので始めた頃は割と動きの小さな為替相場の影響もあり、少額で増えたり減ったりの収支でした。

FXを始めて約半年後にリーマンが破綻のニュースが入ってきました。ドルが値下がりしだしたのをみて、普段なら反発を予測してたのが今回は大きく下げ続けるんじゃないかと思いました。出だしは遅れましたが、まだまだ下がると思いショートに結構つっこみましたね。その後もずっとズルズルとドルは値を下げていく一方でした。このときは嬉しい悩みでしたが、どこで利確をずっと考えていましたね。

しばらく同じポジションのままでいたので、仕事中や普段も気がかりでモヤモヤする感じでどこかスッキリしない感じでした。精神的にきてしまって熟睡ができなかったですね。結局利確したのは200万ほどプラスになったところでした。

その後は精神的な負担を考慮し、ごくわずかな投資に切り替えてやっていました。ニュース速報で財務相が緊急会見をするとテロップがでて為替が大きく動きだし、結局大した発表はなく、為替も元に戻ったりしたこともありました。そのときは踊らせれてるなと感じましたね。

今はこれといって流れが分かりそうな時まで手を出さないでいようかと思います。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング