1通貨ペアに資金を「一極集中」させてしまう

初心者の方が良くやってしまう失敗としては、「1つの通貨ペアに資金を集中させてしまう」ということです。FXを「ギャンブル」と捉えているのなら、一極集中でも何の問題も無いのですが、FXというのは基本的には「投資」です。投資なのに一か八かのギャンブルをしてしまうと、大きな負けか大きな勝ちのどちらかしかありません。

そのため、十分な資金があっても小額な資金であっても、関係がなくなってしまい、「無くなったら終わり」というような投資しか出来なくなります。

きちんとリスク管理をすれば、少しずつでもプラスになっていったかもしれない資金がギャンブルで浪費されていくのはもったいないものです。私自身もよくやってしまいましたが、スワップポイントの高いオーストラリアドルなら、為替が動いてもスワップポイントでプラスになるではないかと、投資資金の全てを、オーストラリアドルの買いポジションに集中させました。

そうすると、そのオーストラリアドルが1日のうちに2円近く下落してしまい、大きな赤字と共に、強制ロスカットされてしまいました。1回の取引で20万円近くのマイナスが出た取引でした。しかし、他の通貨にリスクを分散させておけば、2円近く下がってしまったとしても、マイナスは2〜3万円で済んでいたと思われます。

もちろん、リスクを分散させていた通貨も下落していればその限りではありませんが、世界の通貨の価値というのは、どこかが下がればどこかは上がるというものです。そうでなければFXをするということが出来ません。

近年では記録的な円高となっているので、各国の通貨の価値は下落の一途を辿っていますが、これが適正な価格となると、日本の円の価値が下がって、各国の通貨の価値が上がるということになりますので、1通貨ペアに資金を集中させてしまうと、マイナスになってしまったときに痛い目に合いますので、リスクは分散させるようにしてください。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング