FXは「連休」や「週明け」に動く

FXというのは、世界規模で見ると常に動き続けているものです。
そのため、日本では取引が出来ない連休や週明けという時点では、為替が動きやすいということもあります。

例えば、土曜日の明け方にその週の取引が終了して、月曜日の明け方にスタートすると、2円近く相場が動いていたということもあります。そのようなときには、大きくマイナスになってしまうということもありますので、初心者のうちは、週末の時点でポジションを決済しておくということをオススメします。

基本的に相場が動きやすいような指標の発表などは平日に行われるのがポイントなのですが、各国の重要な関係者の発表などによっても相場は大きく動きます。そのため、国際的な会議や国連の発表などが考えられている場合には、念のためにポジションを持たずに決済しておくといいでしょう。

例えば、週末に取引終了の時点では「80.50円」だったのが、週明けに取引のレートを見てみると、「79.00円」になっていたということもあります。

それ以外にも、週明けの日本で取引の始まる午前5時前後には相場が荒れる傾向にあります。そのため、その間にスキャルビングをすることで、ちょっとした利益を稼ぐことが出来るというのもポイントです。しかし、タイミングを失敗してしまうと大きなマイナスになってしまうこともありますので、十分に注意するようにしてください。

連休よりも、連休前にはスワップポイントが複数日分もらえる日というものがありますので、その日をスワップポイント狙いで、ポジションを保有をしておくというのも一つの投資手法となっています。

このように、連休や週明けに照準を合わせた投資方法もありますし、連休前や週末に合わせた投資手法もありますので、あなたに合った投資をされるといいでしょう。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング