トレール注文とは?

トレール注文というのは、「利益を伸ばしたいけど、万が一の時にはちゃんと利益を確保する」という注文方法になります。

どのような注文方法になるかというと、まず、「値幅」というものを設定します。この値幅を仮に1円として、例えてみると、米ドルが80.00円のときに値幅を1円に設定して、トレール注文を出したとします。そうすると、米ドルの為替レートが下がり続けそのまま79.00円になったときに約定してくれます。

しかし、その後、上がり下がりを繰り返し、利益の最高額が81.50円になって、そこから為替レートが下がってきたとすると、トレール注文の際には値幅も上がっていくことになりますので、80.50円になったときに決済することになります。

これは、利益の最高額から1円下がった状態で決済するという注文方法なので、「最高の利益は確定できなかったが、とりあえず利益は確保できた」という注文方法になります。

もう一つ例えると、80.00円で買いポジションで約定した通貨を値幅1円でトレール注文しておいて、一時的に80.70円まで利益はあったのだけれど、その後下がってきて79.70円になると、最高の利益額がから値幅に設定した「1円分」が下がっているので、79.70円で決済されることになります。

こうすると、値幅は1円に設定したけれど、0.30円のマイナスで済むということになりますので、損切りもできて、一石二鳥の注文方法となります。

利益確定と損切りの両方が出来る注文方法として、近年では人気の注文方法となっています。この注文方法のメリットとしては、「最低限の利益が確保できる」という点と、「損切りがしっかりと出来る」という点にあります。

そしてデメリットとしては、「利益が出続けている限り約定されない」という点にあります。そのため、さっきの例で例えるなら、81円、81.5円、82円と上がり続けている限り、値幅の1円を超えることが無いので、約定されないということになります。

それでも、約定させたいというときには、トレール注文をキャンセルして成行注文などで決済するようにしてください。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング