準備として口座開設しよう

FXを始めるにはまず、FX取引業者を選び、口座開設をしなければなりません。

現在日本にあるFX取引業者のほとんどがオンラインで口座開設ができるようになっています。各会社のホームページから口座開設をクリックし、必要事項を打ち込んでいくだけです。今このページを読んでいる方であれば問題なく各社の口座開設をオンラインで済ませることができるでしょう。もしオンラインでは不安だという方は郵送で書類をやり取りして口座開設をすることもできます。

この口座があって初めて、FXの取り引きを始めるにあたっての最初の一歩が踏み出されるわけです。
各社の口座開設はほとんど同じです。手順を簡単に説明しましょう。

まずはFXに関わる各種規定や約款への同意・承諾が必要です。FX取引をするにあたって最低限は理解しておかなければならないルールなどが説明されます。これらを知らないと万が一損失やなにかがあった際に問題が起こる場合もありますので、注意が必要です。

続いて、名前、生年月日、住所、職業などの個人情報の入力です。正確に入力しましょう。同時にFXのハイリスク・ハイリターンな特性などを理解しているかの確認があります。FXの仕組みを理解していないと残念ながら審査には通過しません。とても重要ですから、しっかりと理解しておきましょう。

問題がなければ最後に「この内容で申し込む」をクリックして完了です。忘れずに運転免許証や住民基本台帳カードなどをウェブサイトからアップロードもしくはメールで送信してください。身分証の確認が終わると「口座開設手続き完了のご案内」が郵送で送られ、ユーザーネームやパスワード、口座番号が通知されます。指定口座に資金を入金したらFXを始めることができるようになります。

口座開設で入金額に応じてだったり、開設から一定期間内にある程度の金額の取り引きをすると、取引業者によってはキャッシュバックのキャンペーンを実施している場合もあります。ご自身の投資スタイルや最初の軍資金、様々なキャンペーンなどを考慮して最適な取引業者をみつけてみてください。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング