全額信託保全をしている業者を選ぶ

FX取扱い業者が破綻するという万が一の事態でも顧客の資産を補償できるよう、各社では『信託保全』という制度を用意しています。

『信託保全』とは、FX取引を行うために担保として取引業者に預けられた証拠金を、取引業者の資産とは別にして信託銀行に信託することです。もしFX取扱い業者が破綻した場合でも、債権者は差し押えなどができず、顧客が預けたお金は守られるのです。

この『信託保全』には「全額信託保全」と「一部信託保全」がありますが、当然、「全額信託保全」の方が顧客が預けた資産全額が補償されるのでより安心度が高いでしょう。

信託保全先の信託銀行はほとんどがメガバンクなので安心です。仮に信託保全先の金融機関が破綻したとしても、金融機関の資産と受託資産はここでも別に管理することが義務づけられており、強制執行などで差し押さえはできません。

2010年2月にFX業者などへ『信託保全』が義務づけられました。それ以前に破綻するFX業者や、預かった資産を別の投資などに利用し損失を出してしまったなどの問題が多く、いわば業者側のやりたい放題になっていました。この問題を解決するべく『信託保全』が義務づけられたので、ほとんどのFX業者が「全額信託保全」か「一部信託保全」の制度を持っています。

しかし、ここで別の問題が持ち上がっています。それまでは顧客の資産を利用して運営していた小さな会社などは自己資産でやりくりせねばならなくなった部分も出てきたので、経営破綻を招く結果にもなりかねません。

ですので、これからは「自己資本比率」などFX業者の財務状況が健全であるかどうかも見極めなければなりません。
財務状況が健全で、「全額信託保全」されているFX取扱い業者が優良な会社なのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング