取引スピードを求めるなら約定力の高い業者を

FX取引で「デイトレード」など短期型の投資スタイルを好む方は特に取引のスピードが重要になってきます。
FXはインターネットを通じて取り引きをしますので、環境によっては取り引きを成立させる「約定力」が弱い場合があります。もし顧客側のネット環境が万全であっても「約定力」に弱さを感じるとしたら、それは業者側のシステム、もしくはサーバーの強さの問題になります。

FX業者によっては短期取引に向いた会社と、長期保有の方が有利な会社と特徴があります。短期型では特にシステムとサーバーの力が「約定力」を左右してきます。

「デイトレード」や「スキャルピング(超短期型で数分程度の間に売買を繰り返す手法)」ではFX業者が用意するプラットフォームと呼ばれる取引専用画面を利用してストリーミング注文を出すのが一般的です。ストリーミング注文とは基本的には成行注文と同じで、例えば取引専用画面の上に出ている売買の金額をクリックして成立させるだけのものです。

この発注に際して、場合によっては確認ボタンをクリックするまでのタイムラグでその価格がスリップして動いてしまい、約定できないことがあります。

これを防ぐにはサーバーが非常に安定していることが重要なのです。経済指標発表直後や週末前後などで回線が混み合うと約定できないことが増えてしまいます。しかし、サーバーの強さが売りの業者であれば「約定力」も強く、回線の混みあいなどをカバーしてスリップを防ぎます。

狙った相場で買い注文を出し、予想した相場で売りに出す。こんな簡単なことですが、意外と思ったように行かないケースが多いものです。ですので、取引スピードを求めるのであれば「約定力」の高い業者、とりわけシステムやサーバーが優良で安定し、強いことが望ましいのです。











>> FX業者ランキング一覧へ行く

FX業者最新人気ランキング